【未就学児〜小学生の保護者対象】HSCの特性を持つ子どものパパ・ママお話会


【人一倍感受性が高く敏感で、繊細な子どもたちと親のためのパパ・ママお話会】が初開催です。

「他の子と違う」と我が子に感じたことがある方、いらしゃいますか?

・他と子と比べて「育てにくさ」を感じる
・みんなと同じことができない(しようとしない)
・嫌なことがあると体調を崩す
・友達の感情を自分ごとのように感じ取ってしまう

そう我が子に感じているママやパパや、「HSC」について詳しく知りたい方を対象にしたお話会を吉祥寺にて開催します。

mamagakuでは年間約5000人、述べ4万人の0歳から未就学児の子どもと母親を対象に、未来を生き抜く力に必要な非認知能力と自己肯定感を育てる子育て法を伝えてきた中で、最近日本でも知られるようになってきた「HSC(Highly Sensitive Child)」という特性を持った子どもたちが増えてきていることを実感しました。

HSC(Highly Sensitive Child)とは?

米国の心理学者、エレイン・N・アーロン氏が提唱した概念で、人口の約15~20%(5人に1人の割合)が存在するとも言われる、感受性が豊かで、他人の気持ちによく気がつく一方、周囲の刺激に敏感で傷つきやすい、「人一倍敏感」な子どものことで、人間関係の難しさや周りへ理解されづらいことから、集団行動が苦手、みんなが当たり前にできることができない、不登校などになってしまうこともあります。

HSCは病気や発達障害ではなく「生まれ持った気質」であり「個性」の一つです。

HSCの子どもたちは人一倍感受性が高く、敏感で繊細な気質のため、親からすると「手がかかる・育てにくい」と感じることもあるでしょう。しかしHSCの子どもには普通の子どもよりも五感が鋭く、共感力が高く、そして創造力が優れていると言われています。

HSCの子どもは、普通の暮らしの中でも多くの刺激を受けるため、心身ともに疲れやすく、疲れが蓄積され不機嫌や体調不良などにつながりやすいと言われています。嫌なことだけでなく、楽しいことでも刺激が多すぎると疲労になります。そのためにHSCの子どもを育てるために「その子のペースを尊重し、自己肯定感を伸ばす」ことが大切です。

私たちmamagakuは、日々の講座の中で伝えている「子どもの特性を認めて伸ばす」ことによって、気質、特性から個性・そして才能へと伸びていく姿をクラスを通じて見てきてきました。

自分が苦手なことは絶対に取り組まない子が、自分が得意なことを褒めて認めてあげたことで自信がつき、自分のペースで苦手なことに取り組めるようにもなり探究心の幅が広がった子どもや、保育園でお友達の先の行動までが読めてしまうからこそ、自分の身を守るために手が出てしまい「何もしていないのにいきなり叩く子」というレッテルを貼られ行動に問題があると言われていた子は、その行動の真意を理解し対処方法をアドバイスしてお友達との関わり方のストレスを減らしてあげたことで、元々持つ大胆かつ繊細な創造力と、物の見方がユニークだからこそ遊びの展開が続き、集中力がさらに伸びてきました。

ありのままの自分で生きられるために
自分の人生を、自分で生き抜くために

子どもが自信を持って
自分の特性を生きる力に変えるための親の関わり方と向き合い方を
HSCの子どもの個性を才能へと伸ばすためにはどうすればいいのか
同じ悩みを持つパパとママたちと共にお話会に、参加してみませんか?

【HSCセルフチェック】
<0歳〜3歳の頃>
・同月齢の赤ちゃんや子どもと比べて育てにくさを感じる
・光や色、音や皮膚感覚など(五感)が敏感だと思うことがある
<3歳〜小学生>
・言うことを聞かず、子どもが何を考えているのかが分からない
・みんなと同じことができない(しようとしない)
・嫌なことがあると体調を崩す
・友達の感情を自分ごとのように感じ取ってしまう
・検診で発達に遅れはないが、療育への相談を勧められたことがある など
詳しいセルフチェックはこちらのサイトがおすすめです

【日程】12月14日(日)
【お子様の年齢に合わせてご参加ください】
13:00-14:15(未就園学児3歳〜6歳のお子様を持つパパ・ママ対象)
15:00-16:15(小学生のお子様を持つパパ・ママ対象)
※お子様同伴も可能ですが、小学生対象お話会は保護者のみのご参加をおすすめします。

【参加費】1650円/1家族
【お話会の内容】
・HSCの特性を理解する
・個性とは「人と違うことを認めること」
・HSCの子どもに必要な「心の安全基地」について
・HSCの子どもを育てるための親の心構え=受け入れ、見守り、待つ

お申込みはこちらから(事前予約制となります)
クービック予約システムから予約する


【お話会ファシリテーター】新井 美里(mamagaku学長)

お台場・武蔵小杉・吉祥寺・豊洲の商業施設にて全講座赤ちゃん連れOKのママガクを運営し、講座と親子イベントで年間約8000名、述べ3万人以上の妊娠中〜2才前後の親子に子育てを学ぶ楽しさを伝えている。
1977生まれ。尚美学園短期大学情報コミュニケーション学科在籍中の1996年よりWEB制作に携わり、2001年よりフリーランスとして活動。株式会社ポケモンが運営するオンラインゲームサイトのコンテンツデザインや、NHK制作プロダクションの教育番組プロジェクトにWEBディレクターとして参加。2007年からママと赤ちゃんを対象プログラム開発、運営に携わり、2013年、新しい子育て支援の場として「子育てを学ぶ・楽しむ・ママのための子育て学校:ママガク」を立ち上げる。同年9月よりお台場ヴィーナスフォート内にママガクお台場校を新規開設。ママガク運営母体として一般社団法人子育てデザイン総合研究所を設立。教育研究の一環として北海道教育大学にて学会発表協力、上智大学、和光大学にて学生を対象にした講義を経験。

プライベートでは自然と旅、音楽、子育てを愛する、3児の母。 長女・次女がHSCの特性と持つ。不妊症をきっかけに補完代替医療に興味を持ち、人間本来の力を呼び戻す自然な生き方を取り入れ、2003年に長女、2006年に次女、2011年に長男を助産院もりあねで出産。子どもたちの個性を発見し伸ばしていく「こどもリベラルアーツ家庭教育」をベースに、自己表現が大好きな長女は偏差値・テスト・制服がない、競争原理を排除した自由教育を実践する私立中学校を卒業、付属広域通信制高校に在籍中。次女は小学5年生からホームスクーラーとしてサドベリー教育を実践し、公立中学校へ在籍中。長男はモンテッソーリ教育を行う認可保育園を経て、公立小学校へ在籍中。

お申込みはこちらから(事前予約制となります)
クービック予約システムから予約する

関連記事

  1. 【修了証授与】おむつなし育児アドバイザー養成講座(子連れOK!)

  2. 【お話会】しつけと声かけを学ぶ、1歳向け子育て講座

  3. 【母乳相談】吉祥寺はな助産院出張講座「母乳の悩み全般・断乳について」