学長紹介

新井 美里(mamagaku学長/一般社団法人子育てデザイン総合研究所 理事)

お台場からスタートし、武蔵小杉・吉祥寺・有明の商業施設にて全講座赤ちゃん連れOKのママガクを運営。講座と親子イベントで年間約8000名、述べ4万人以上の妊娠中〜小学生前後の親子に子育てを学ぶ楽しさを伝える講座や、未来を生きるための必要な能力を育む、世界の教育の基準「対話型」家庭教育クラス、こどもリベラルアーツけんきゅうじょ開発者及びメイン講師として年間累計750講座を担当。

1977生まれ。尚美学園短期大学情報コミュニケーション学科在籍中の1996年よりWEB制作に携わり、2001年よりフリーランスとして活動。株式会社ポケモンが運営するオンラインゲームサイトのコンテンツデザインや、NHK制作プロダクションの教育番組プロジェクトにWEBディレクターとして参加。2007年からママと赤ちゃんを対象プログラム開発運営に携わり、2013年、新しい子育て支援の場として「子育てを学ぶ・楽しむ・ママのための子育てがっこう「ママガク」を立ち上げる。同年9月よりお台場ヴィーナスフォート内にママガクお台場校を新規開設。ママガク運営母体として一般社団法人子育てデザイン総合研究所を設立。教育研究の一環として北海道教育大学学会発表協力、上智大学、和光大学、自由の森学園中学校・高等学校にて講義実績あり。

プライベートでは自然と旅、音楽、子育てを愛する、3児の母。 不妊症をきっかけに補完代替医療に興味を持ち、人間本来の力を呼び戻す自然な生き方を取り入れ、2003年に長女、2006年に次女、2011年に長男を助産院もりあねで出産。子どもたちの個性を発見し伸ばしていく「対話型家庭教育」をベースに、自己表現が大好きな長女は偏差値・テスト・制服・校則がない、競争原理を排除した自由教育を実践する中学校を卒業後、高校に通わず17歳で大学入学資格生入学・取得し、心理学部へ進学。次女は小学5年生からホームスクーラーとしてサドベリー教育を実践し、公立中学校へ在籍中。長男はモンテッソーリ教育を行う認可保育園を経て、公立小学校へ在籍中。3人ともにHSC(Highly Sensitive Child)の特性を持つ。

【学長コラム】令和を生き抜く子どもの育て方はこちらをご覧ください
【メディア掲載】

★株式会社CHINTAIが運営する「CHINTAI情情報局」にてコラムを執筆いたしました。
子育てしやすい部屋の間取りとは? ママガク学長の新井美里さんに聞いてみた
子育てが少し楽になるインテリア&片付け方法をママガク学長の新井美里さんに聞いた

★環境goo「ワタシがLOHAS」 Vol.29 子育てを楽しむコツ
児童虐待の対応が10万件を超え、「心理的虐待」が増加しています。自分の教育法は果たして「しつけ」か「虐待」か、もしかしたら・・・と悩んでいる親も。「親のストレス」が児童虐待が起こる一因にもなっています。そんな中、3年前に「子育てを学ぶ・楽しむ・ママのための子育て学校 mamagaku『ママガク』」を立ち上げ<続きはこちら

★環境goo「ワタシがLOHAS」 Vol.26 子育ての楽しさ…「子育て力」を伝えたい
今回ご紹介する新井美里さんは、短大在学中にインターネットの会社でアルバイト、そのまま就職。当時はYahoo! JAPANが設立されたばかりのネット創成期。徹夜続きの激務に心と身体の限界を感じて、以前から行ってみたかった小笠原諸島へ移住を決意。そしてそこでの生活がその後の生き方の基盤に・・・。<続きはこちら

最新講座情報は各校LINEへご登録ください

有明ガーデン校LINE

https://lin.ee/zkCj4z3

グランツリー武蔵小杉校LINE

https://lin.ee/6J2q4q3

コピス吉祥寺校LINE

https://lin.ee/zW847uk

全国どこからでも:オンライン校

https://lin.ee/zwvWfQg