即効性のある教育ではない:mamagaku学長コラム

即効性のある教育ではない。
例えば「自己コントロール力」。

mamagakuが運営する1歳半からの非認知能力を養う3時間託児スクール「こどもリベラルアーツけんきゅうじょ」では元気すぎる、良い意味でデタラメな男の子が優等生になれます。

何故ならば、彼らは外側へのパワーが強い分、内側へ意識を向けられる遊びを行うと

本当に
静かに
熱中し
鼻息荒くしながら遊びます。

ただただ脳が心地よい
己と向き合う時間を堪能させることで

本当に少しづつだけど
衝動的ではなく反芻的に
遊びに取り組むようになってきました。

これも非認知能力の一つです。

子どもが持つ
たくさんある知性を
まんべんなく刺激して
非認知能力を伸ばしていく。

今日は色と光の三原色を満たす「宝石のゼリー」遊びでこんなに美しい過程と結末を創り出してくれました。

関連記事

  1. 朝日新聞出版「AERA(2018年4月2日号)」にママガク学長の新井が紹介されました

  2. 月刊リトルママ2月号に紹介されました