ある日突然ママになる

ママになる、というのはある意味突然やってきます。
妊娠し、出産するまでに10ヶ月しかありません。
誰にとっても未知の世界です。

だからこそ、興味を持って学ぶ、知識を得る。
そうやって少しずつ「ワタシらしい子育てができるママ」に成長していくためのママのための子育て学校、それがmamagaku【ママガク】です。

子育ての楽しさが分かるようになると、赤ちゃんとの生活が楽しくなります。

産後の肥立ちが回復し、赤ちゃんと一緒に「おでかけ」を始める。
そこでは子育てという共通言語で繋がる新しいママ友との出会いも待ってます。

ママ友達、それはあなたの子育てがより楽しく、心強く、輝かせてくれる新たな友達です。

ママ友達と一緒に遊んでいる時、まるで学生時代に戻ったみたいな気分。

ちょっとだけ学生時代を思い出してほしい。

学校に行けば大好きな「友達」に会える。
宿題が終わらなくても「友達」が助けてくれた。
親とケンカしてムシャクシャしている時にでも、学校に行けば「友達」が待っててくれる。

友達と一緒に大笑いする。
友達と一緒に大泣きする。
失恋で大泣きしている友達から電話ががあったら、助けたい、励ましたい、その一心で急いで友達の家に向かったこと。

恋の悩みが「子育ての悩み」に代わっても
いつの時代も友達はかけがえのない「大事な宝物」です。

学生時代といえばもう一つ、それは先生の存在。
今も会いたいと思う、思い出の先生。

進路に悩んでいた時に、自分が歩みたい道へとそっと背中を押してくれた先生。
体調不良で保健室に行った時、本当は心の不調だったことを打ち明けて優しくアドバイスしてくれた保健師の先生。
親から求められている「いい子」でいることに疲れていた時、等身大の自分を認めてくれた担任。

勉強だけじゃない、社会に役立つこと、自分の将来をどうすればいいか。
色々なことを教えてくれた、励ましてくれた、そんな先生と出会えたことは

「学校」に通っていたからこそ得られた宝物。

そんなたくさんのかけがえのない「宝物」との出会いに、ママ達はまた巡り会えるのです。

それはまさに「ママの青春」だと、mamagakuは気づきました。

mamagakuの講師のほとんどは子育て真っ最中の現役ママ。
講師は、ママ友達でもあり、先生でもあるのです。

だからmamagakuでは「ママの青春を謳歌しよう」をコンセプトに始まりました。

s1