【1歳前後〜未就園児対象】おうちモンテッソーリ教育親子クラス

モンテッソーリ教育についてを正しく理解し、手作り教具を使って自宅でも実践できるよう親子で学ぶクラスです

モンテッソーリ教育とは?・・・

イタリア人女医のマリアモンテッソーリ氏が始めた教育法です。近年、将棋の藤井翔太さん、また海外だとオバマ元大統領、ジョージ・クルーニー、グーグルの創設者のラリー・ペイジ氏、米マイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツ、アマゾンの創設者であるジェフ・ベゾス氏などが幼少期にモンテッソーリ教育を受けたと言われています。

モンテッソーリ教育に関する知識を深めつつ、家でも実践できるよう教具での遊び方を親子で学びます。
(※オンライン校は家でも実践できるよう教具での遊び方をママへお伝えしていきます。また、日々の生活の中での悩みや疑問にもモンテッソーリ教育を通した視線でお答えしていきます。)

カレンダーから予約日時を選ぶ
– オンライン校 –
カレンダーから予約日時を選ぶ
– コピス吉祥寺校 –
カレンダーから予約日時を選ぶ
– グランツリー武蔵小杉校 –
 

1回目◉モンテッソーリ教育について正しく理解する
モンテッソーリ教育とは? イタリア人女医のマリアモンテッソーリ氏が始めた教育法です。どのようにはじまったのか?どんな特徴があるか?などの理解を深めます。大人が子どものためにやっていることが必要なことなのか?手伝うポイント見守るポイントなど、モンテッソーリ教育で大切にするべきことを知ることで、子どもとの関わり方もより良い形に変わっていくきっかけになるでしょう。

2回目◉子どもの育ち
モンテッソーリ教育では、子どもは、自らの力で発達し、自立していく存在とされています。子どもは、生まれながらに、自分で発達していこうとする自己教育力を持っているとされているからです。そのためには、今その子が何に興味を持ち、どんな成長を遂げようとしているのかなどを観察し、適切な環境を用意してあげることがとても大切です。子どもがイタズラをしたり、何度も同じことを繰り返したり、こだわりを持っていて大変な思いをしたことはありませんか?それをするにも理由があります。大人が子どもの発達段階を理解し、適切な対応をしていくことで、悩みの解決にも繋がります。

3回目◉大人の役割
モンテッソーリ教育では、大人も環境の一部とされています。 様々な体験をさせてあげたい!という願いから、同じことを繰り返しやっている子どもの姿をみると、『ほかのものもやってみたら?』と声をかけてしまうことはありませんか?できるようになってほしいという思いから、子どもがやっていることに、つい声をかけてしまったり、手伝ってしまったりしていませんか?大人が良かれと思ってやっていることが実は子どもの成長の妨げになってしまうこともあるのです。適切な環境作りが子どもの自己教育力を引き出す鍵となってきます。

【講 師】奥山佳美(モンテッソーリ教師)
保育園勤務13年を経て現在はフリー保育士としてモンテッソーリ教育クラス講師や「こどもリベラルアーツけんきゅうじょ」保育スタッフとして活躍中。 おむつなし育児アドバイザー、キッズヨガインストラクター、フラワーエッセンスプラクティショナー、モンテッソーリ教育免許取得。

※このクラスは幼少お受験を目的としたクラスではなく、子どもの発達に合わせた生活の自立を目的にしたクラスです。