【生後5ヶ月〜】ハイハイクラス

各校のお申し込みはこちら

有明ガーデン校:ハイハイクラス

コピス吉祥寺校:ハイハイクラス

グランツリー武蔵小杉校:ハイハイクラス

この時期に必要な発達と環境作りと「自己肯定感の育て方」を学び、赤ちゃん本来の才能を発揮できる育て方を学びます。
ねんねから寝返りが上手にできるようになる頃の赤ちゃんは、自分の意思で身体を自由に動かしたり「自分の意思を行動で表せる」時期です。赤ちゃんにとっては自分の意思で動けることで、今までよりもグーンと世界が広がる時でもあります。
その世界が広がる時、どんな接し方をしたら、のびのびを我が子の可能性を伸ばしてあげられるのかをお伝えします。

心の土台「自己肯定感」を育てる

どうして「わが子がどう育っているかをしっかり見て、肯定的に受け止める」ことは、子どもの自己肯定感を育むことに直結します。自己肯定感とは、「ありのままの自分を尊重し受け入れる態度」です。「今の自分は幸せに生きているし、未来の自分も幸せに生きることができる」という自信を持てることを意味します。自分の中での幸福感とも言えます。自己肯定感が高ければ高いほど、自分が本来持っている才能をより発揮できると言われています。誰もがそれぞれに、様々な才能を持って生まれてきますが、自己肯定感が低いと、自分が持って生まれた才能を十分発揮することができません。
「どういう子に育ってほしいか”より“どう育っているか」を改めて考えてみましょう。

このクラスの特徴

・毎回同じメンバーで受講することではじめてのママ友達と赤ちゃん友達ができます
・子育ての悩みや不安を共有、解決することでママの子育てに対する自信を育みます
・個性と自立を育む子育て法を学ぶことができます
・「子育ての軸」をママ自身が養うことができます

0歳からの家庭教育クラス「おやこリベラルアーツ」とは?

非認知能力の土台は自己肯定感!我が子をありのまま受け入れて築く親子関係の土台
ママやパパが我が子を赤ちゃんの頃からありのまま受け入れ、子どもにとって親への信頼感、安心感という親子関係の土台を築くことが大切です。親子関係の土台は子どもの自己肯定感、自信を支え、好奇心や探究心のチャレンジへと誘います。
ママやパパは我が子の好奇心、才能を信じて、過干渉にならず、褒めすぎず、怒りすぎず、ありのまま見守り伸ばす子育てをこどもリベラルアーツけんきゅうじょの家庭教育法「ニコニコ・ハイハイ・ヨチヨチ・テクテク」クラスで身につけます。