「0歳からの家庭教育」プログラム開発者・講師のご紹介

海外数十か国での母子保健にかかわる国際協力活動を通じて得た幅広い視野と経験、国内での多岐にわたる子育て支援経験をベースにみらい子育て研究所所長の和田智代先生と、mamagakuを運営する一般社団法人子育てデザイン総合研究所が共同開発した、グローバル社会を生きる赤ちゃんからの親子を対象に「これからの社会で必要とされる能力(自己肯定感・社会性・問題解決能力などの非認知能力)を育むためのこどもリベラルアーツけんきゅうじょ、0歳からの家庭教育「ニコニコ・ハイハイ・ヨチヨチ・テクテククラス」

赤ちゃんを育てるために大切なことを学び、親子関係の土台を育むコミュニケーション方法は
その子が成長した先まで役にたつ、一生使える「親子コミュニケーションメソッド」です。




“自立するための教育とは、本人の立場に立てば、「好きで得意な道選び」を実現するための 教育である。時代とともに、好きなことも得意なことも多様化していき、今ある職業が将来も存在するとは限らず、今は姿かたちのない新しい職業に将来就く可能性もある。仕事も働き方もますます多様化していく中で、未来ある子どもたちには、無限の可能性が広がっている。”
“一人ひとりが輝く未来をつくるには、子どもの頃から挑戦と失敗を繰り返して学び、“無から有を生み出す”ことの大切さを教えることが不可欠である。単に物事を「覚える」よりも、「考える」「友達を作る」「力を合わせる」「人を喜ばせる」といったソーシャルスキルや人と接する能力を子どもたちに身につけさせる方が、実社会では通用する。 「どんな会社に入るか」ではなく、「どんな仕事をするか」「どんな会社を創 るか」を人生の選択肢として考え行動し、変化に対応していってほしい。”
(厚生労働省報告書「働き方の未来 2035」 ~一人ひとりが輝くために~:2016年8月)

技術革新とグローバル化により、現代社会は人類がかつて経験したことのない勢いで変化する中、親である私たちは我が子をどのように育てていけばいいのか、そんなヒントとなる「我が子がありのままの自分を伸ばし(個性)、考えて行動できる人(自立)へと育つための子育て法」を家庭教育としてお伝えしています。

こどもリベラルアーツけんきゅうじょ「0歳からの家庭教育」プログラム開発者:和田智代先生のご紹介

wada国内での多岐にわたる子育て支援経験と、海外数十か国での母子保健にかかわる国際協力活動を通じて得た幅広い視野と経験をベースに、グローバル社会を生きる子どもたちとその親、及び、子育て支援の専門職を対象として、「排泄ケアを通じたコミュニケーション(おむつなし育児)」「じねん堂インターナショナルスクール」など、「自分と相手の『ありのまま』を大切にする、豊かで幸せなコミュニケーション」に関する講座や講演会を全国で展開。また、自身のうつ病体験から、心理学やメンタルケアについても深く学び、若者から高齢者まで、様々な世代の心の悩みを抱える人々の個別相談にも応じている。(カウンセリング&コーチング)
名古屋大学大学院 国際開発研究科修士号取得
米国World College West 教養学部国際開発学科卒
名古屋市立保育短期大学保育科卒

こどもリベラルアーツけんきゅうじょ「0歳からの家庭教育」担任講師:新井美里(ママガク学長)

お台場・武蔵小杉・吉祥寺・豊洲の商業施設にて全講座赤ちゃん連れOKのママガクを運営し、講座と親子イベントで年間約8000名、述べ3万人以上の妊娠中〜2才前後の親子に子育てを学ぶ楽しさを伝えている。

1977生まれ。尚美学園短期大学情報コミュニケーション学科在籍中の1996年よりWEB制作に携わり、2001年よりフリーランスとして活動。株式会社ポケモンが運営するオンラインゲームサイトのコンテンツデザインや、NHK制作プロダクションの教育番組プロジェクトにWEBディレクターとして参加。2007年からママと赤ちゃんを対象プログラム開発、運営に携わり、2013年、新しい子育て支援の場として「子育てを学ぶ・楽しむ・ママのための子育て学校:ママガク」を立ち上げる。同年9月よりお台場ヴィーナスフォート内にママガクお台場校を新規開設。ママガク運営母体として一般社団法人子育てデザイン総合研究所を設立。教育研究の一環として北海道教育大学にて学会発表協力、上智大学、和光大学にて学生を対象にした講義を経験。

プライベートでは自然と旅、音楽、子育てを愛する、3児の母。 不妊症をきっかけに補完代替医療に興味を持ち、人間本来の力を呼び戻す自然な生き方を取り入れ、2003年に長女、2006年に次女、2011年に長男を助産院もりあねで出産。現在、子どもたち一人一人の要求を受け入れながら個性を発見し伸ばしていくmamagaku家庭教育をベースに、自己表現が大好きな長女は偏差値・テスト・制服がない、競争原理を排除した自由教育を実践する中学校を卒業し現在、広域通信制の付属高校へと進学。次女は小学5年生でホームスクーラーとしてサドベリー教育を経て公立中学校に在籍中。長男は無認可保育園・認可外保育園・モンテッソーリ教育を行う認可保育園と3つの保育園転園を経て、公立の小学校に在籍中。
詳しいプロフィール・学長メッセージはこちら




関連記事

  1. 2020年1月期:無料説明会募集スタート(ニコニコ・ハイハイ・ヨチヨチ・テクテククラス)

  2. 0歳からの家庭教育【生後5ヶ月〜】ハイハイクラス

  3. 0歳からの家庭教育【生後8ヶ月〜】ヨチヨチクラス