【生後6ヶ月〜3歳】後追い中の家事ができる!さらしおんぶ&前だっこ講座

◆この講座には、5mの一本さらし付きなのですぐにおうちで実践することができます◆

こんな悩みはありませんか?
・後追いが始まって家事が全然できない。
・ともかく抱っこしてないと泣いてしまう。
・子育てに追われて自分のことが何もできない。
また、おんぶについては
・背中におんぶが怖くてできない。
・普段使っている抱っこひもでおんぶしても赤ちゃんが安定しない。
こんな悩みを抱えてるママも多いかと思います。
そんなママはぜひこの講座を受講してみてください。
「さらしおんぶ」はコツさえ覚えてしまえば、普段お使いの抱っこひもよりも快適な抱っこが可能です。
「さらしおんぶ」をマスターしたママたちはみんな「こんなに子育てがラクになるとは驚きました」とおっしゃってくれます。
また災害時に「さらし」は紙おむつ代わりになったり、布ナプキン代わりになったり、人を救助するための紐にもなったりととても役にたつグッズです。ぜひこの機会に災害時に我が子を守るための知識としても学んでおきましょう。
<日本古来から伝わる、おんぶしながらの子育て>
日本には昔から「赤ちゃんをおんぶする」という文化がありました。
背中におんぶをすることで、前が空いて両手がスムーズ使えます。昔の人たちは背中におんぶした状態で、家事をしたり、農作業をしたりしながら、赤ちゃんを育ててきました。
そんな素晴らしい「おんぶ文化」をもう一度見直して、現代の子育てに取り入れてみませんか?
今回お伝えするおんぶの方法は、昔ながらの「さらし」を使ったおんぶ講座です。
5mのさらしは、おんぶひも以外にも、災害時には布おむつになったり、また人を助ける時に役立ったり。
また可愛く刺繍をしたり、染めたりして、自分だけのさらしを作っていく楽しみもあります。
<赤ちゃんの成長にも良いとされる、さらしおんぶ>
赤ちゃんにとっては、いつもママの背中にくっついていることで、家事をしながらでも安心して自然と寝てしまったりしまいます。
特にさらしおんぶの方法は、赤ちゃんの頭がママの頭の位置と同じ高さに来るので、赤ちゃんはママが家事をしたりご飯を作ったりする様子を見ることで、赤ちゃんの刺激にもなり、赤ちゃん自身にとっても楽しい時間になるのです。
<赤ちゃんが大きくなっても使える>
さらしおんぶの方法だと、5歳ぐらいの子どもでもおんぶをすることが可能になります。
これから怪我や病気で子どもが動けなくなった時などにも役に立ちます。
ぜひ今のうちから、さらしおんぶの方法をマスターしておきましょう。

実施校:グランツリー武蔵小杉校
RESERVA予約システムから予約する
実施校:コピス吉祥寺校
クービック予約システムから予約する

関連記事

  1. 【0歳〜3歳前後】季節の手形足型アート

  2. 【お話会】赤ちゃんのことを知ろう!0歳向け子育て講座

  3. 【妊娠中〜2歳】紙おむつ・布おむつ・おむつなし育児で赤ちゃんご機嫌講座