【季節限定】ママのための 浴衣の着付け講座

夕涼みの会や夏祭り🌙
子どもと一緒に浴衣でお出かけしませんか!
 
子どもができるとなにかと着る機会が多いのが「着物」!
お宮参り、七五三、入園、卒園、入学、卒業、夏祭りに花火…
「子どもメインの行事。着物はあるけど美容院に行く時間も着付けをお願いする余裕もないから、スーツでいいかな。」
という方、意外と多いのでは?
自分で着物が着れるようになると式典のたびに洋服で悩む必要が無くなります!
そして何より子どもの晴れの日、着物で一緒にお祝いできたらとても良い記念となりますよね
 
という事で、
まずは「浴衣」から入るのはいかがでしょう?
浴衣は着物よりもラフに、帯結びも簡単に着る事ができます。
ここで手をならしておけば、着物へのステップも上がりやすくなりますよ。
 
夏前に練習しておけば今年の夏は浴衣が大活躍🤗
浴衣一式持ってるけどたんすで眠ってしまっている方!
今年はぜひ袖を通してあげましょう!
子どももママと一緒に浴衣が着れたらきっと喜んでくれますよ🎵
 
今回は「遊びの天才 学長新井の託児付き」です!
安心してご参加ください👌
※託児は吉祥寺校のみとなります
《内容》
・自分で浴衣を着る
・基本の帯結びができる
・その他、道具の確認、浴衣の畳み方
《自分で着物が着れるようになると…》
・お子さんへの着せつけができるようになる
・着付け費用を節約できる
・着付けに行く時間が節約できる
・子どもと一緒に浴衣を着て出かける頻度が増える
《日程》
【吉祥寺校】
6月20日(木)12:50~14:20

6月27日(木)12:50~14:20

【葛西校】
7月2日(火)12:40~14:00

《金額》
1回1500円
※単発での参加も可能ですが、 自装が初めての方は特に、連続して2回の参加をおすすめします。
《持ち物》
・浴衣
・浴衣用帯(半幅帯)
・ウエストベルト(もしくは腰紐)
  ※これから購入の方はウエストベルトをオススメします
・着物ベルト(=コーリンベルト)
・伊達締め
・帯板
・浴衣の下に着る肌着(着物用の肌着)
  ※無い場合、キャミソールやスパッツ、ペチコートなどでも構いません
《お申込は 吉祥寺校:こちらから 葛西校:こちらから》
《講師》
コピス吉祥寺、アリオ葛西校校長 中條 純子
東京家政学院大学家政学部にて和裁を専攻。
普段からさりげなく和装を着こなす生活に憧れ、2015年夏頃から着付け教室に通い、自装、着せつけ、講師業を学び、お正月や夏祭りの他、友人との食事会で着物を着て楽しんでいました。
しかし妊娠中期以降はなかなか着る機会が減ってしまい残念に思っていましたが、出産後、お宮参りや雛祭り夏祭り、入園式等と着る機会も増え、最近では娘と一緒に着物を着て楽しんでいます。
着物は次の世代へと引き継ぎ、長く着る事ができる素敵な日本の文化です。
これからの世代の子にも、ママから子へと繋いでいけるよう、是非みなさんで浴衣から初めてみましょう!
<資格>
2010年 ベビーヨガ講師養成講座修了、認定
2011年 骨盤調整ヨガ講師養成講座修了
2014年 ハグモミさんの資格取得
2018年 おむつなし育児アドバイザー養成講座受講
道具についてわからない事があればご連絡ください。
070-3864-2451 中條
LINE@のメッセージからも可能です。
ママガクコピス吉祥寺校
LINE ID:@wct2973k
ママガクアリオ葛西校

LINE ID:@gqr9337v

お気軽にお問い合わせください。
    

関連記事

  1. 【妊娠中〜1歳半前後】赤ちゃんにとって快適でご機嫌になるおむつの使い分け講座

  2. 【お話会】赤ちゃんのことを知ろう!0歳向け子育て講座

  3. 【ママも赤ちゃんも気持ち良い】ベビー&ママヨガ